嫁姑・同居問題 良い嫁やめて自分の人生を取り戻すブログ

嫁姑・同居問題に悩み病んだ私が『良い嫁をやめる!』と別居を決断。姑の呪縛から逃れ、自分の人生をやり直します

MENU

大人になっても息子が可愛い姑

息子が可愛い姑

私は息子が可愛い。

母親なら我が子が可愛いのは当然のこと。

身体は大きく、オッサンのようになった今でも、とても可愛い。

きっとこれからもずっと可愛いと思う。

 

なんでこんなことを言うかというと、

私が結婚した当初の夫に対しても、

姑は息子が可愛いと言っていたのを思い出したから。

 

夫は家族を大事にする人ではあるが、マザコンではありません。

若くして夫を亡くした姑は、高校から下宿で別で暮らすことになった私の夫である息子と、就職と同時にまた一緒に暮らすことができるようになって、とても嬉しそうでした。

結婚して同居した時も、息子を頼って立てている感じが窺えたし、

夫も一家の大黒柱として、若いのにしっかりした印象でした。

 

心配性の姑

結婚して同居が始まった時、この家の人は体調不良になるとすぐに病院に行くのだな、というのが、私には驚きでした。

 

というのも、私の実家はほとんど病院に行くことが無かったから。

風邪をひいても病院にいくことはしない。

親に連れて行ってもらったのは、小学生の低学年時、腹痛で行った内科の病院が最後だった気がします(小児科ではなかった・・・)。

 

一方、夫家族は熱がでたらすぐ病院。

咳がでればすぐ病院。

一度、よく病院に行くことを不思議に思い、姑に言ったことがありました。

それには理由がありました。

姑のお兄さんが、子供の頃の高熱が原因で、足が不自由になったから。

 

だから、子供が熱が出れば心配ですぐに病院に連れて行ってたし、

昔の田舎暮らしは病院に行くのも一苦労だったことを聞きました。

 

そっか。それは心配でそうなるよね。

と私も気持ちは分かりました。

 

世話焼き姑

とは言え、私が慣れなかったのは、夫が咳をしようものなら、

「風邪じゃない?すぐに病院に行きなさいよ!」

と、すぐさま言う姑の世話焼き具合です。

 

私も息子が可愛い。

だから姑は息子である夫が心配なのはよく分かります。

 

でも、もう立派な大人ですよ?

ってか、オッサンですよ?

しんどけりゃ、自分で病院に行くだろうし、大したことなければ行かない判断は自分で出来ます。

 

少し咳したくらいで大げさな!

子供じゃないんだぞ!

いつもそう思っていました。

 

しかも、これ、しょっちゅうある光景なんです。

夫は喫煙家なので、咳こむこともあります。

夫が咳をしていたら、私が思うのは「子供にうつさないでよ」と思うくらい。

 

そのくせ、私が体調悪そうにしていても、咳をしても何も気にならない様子の姑。

本当に自分の子だけが可愛いのだな、と新婚当初から理解しました。

 

別居を決めて家族で話し合った時、私が居ない場所で、姑は夫にこう言ったそうです。

「これからは私が美味しいお弁当を作ってあげるからね!」

と。

 

それを聞いていた子供たちは、何だか世話を焼けることを喜んでいるみたいだった、と言っていました。

嫁の私が作るお弁当より、もっと美味しいのを作ってあげるから、と。

なんだか私に張り合っているように感じて

気持ちわるっ(;゚Д゚)

と思いました。

 

そして今。

私は別居をして息子が社会人になり、いつまでも可愛いだけではいけないな、

と、当時の姑を思い出しています。

 

先日、夫に「まだお母さんにお弁当を作ってもらっているの?」と聞いたら、

だいぶ前から作らなくていいと言って、お弁当は持って行っていないようでした。

 

子供への世話焼きもほどほどにしないとね・・・。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングの応援して頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


f:id:hirara185:20210326160644j:image