嫁姑・同居問題 良い嫁やめて自分の人生を取り戻すブログ

嫁姑・同居問題に悩み病んだ私が『良い嫁をやめる!』と別居を決断。姑の呪縛から逃れ、自分の人生をやり直します

MENU

新生活スタート!

新生活の始まり

引っ越しを済ませて、とにかく寝床だけでも確保して、疲れない程度に少しずつ片付けをしていきました。

私と子ども二人、とは言えもう大きいので大人3人のような生活。

2LDKの狭いアパート。

一から揃えなければいけないものが多く、毎日のように買い物に行っていました。

出費は痛いけど、自分の好きなものを選ぶことができるのは、楽しかったです。

 

私は結婚してから、完成された家に入るだけだったので、自分の好きな家具などのインテリア、食器、生活用品を選ぶことがありませんでした。

なので、自分の城と言えるような部屋ではないけど、部屋を自分で作っていけることが、嬉しかったです。

その時に感じたのが、

如何に今まで自分の「やりたい・好き」をないがしろにしていたか

ということでした。

 

私は何が食べたいか?

私は何がしたいか?

何が好きで、何が好きじゃないか?

これらを、「自分で自分に聞く」ということ。

 

結婚して以来初めて考えたのでは?と思えるほど新鮮な感覚でした。

でも最初はこれさえも上手くできなかったのです。

自分が何がしたいか?どれがいいか?自分で分からなかった。

 

例えば外食した時、子供が残しても私が食べれるように、の目線で選んだり。

キッチン用品を使う時、竹製のザルは好きじゃないけど、姑が使ってるから仕方なく自分も使い。

この道具の色やケースもダサいし、この置場は使いにくいけど、姑には使いやすいのかもしれないし。

そんな毎日を過ごしているのが当たり前すぎて、自分がどうしたいか?

考えた時に「自分」のことが分からなかったのです。

 

だから、一つ一つ丁寧に、本当にこれが良い?好き?と自分に確認しながら選んでいきました。

こだわり、というほどでもないけど、毎日使うものを自分が気持ちよく使えるように。

こっちの方が少し高いけど、こっちを毎日使いたい、毎日見たいと思えるようなものを少しずつ揃えていきました。

 

気兼ねしないってこんなに快適

最初は不安の方が大きく、夜は怖いし子供たちを守るのは私しかいないんだ、と気負っていましたが、段々と人に遠慮をしないで生活できることに、こんなにも気持ちが楽なのか?と思えました。

 

今までは、外出をしていても夕飯までには帰らなきゃいけなくて、疲れていても夕飯を作らなきゃいけなかった。

でも、気兼ねなく外出できるし、疲れたらカップラーメンでもいい!

こんな夜遅い時間に外出してるなんて、なんか新鮮!と、子供たちも少し嬉しそうでした。

休みの日には、目が覚めるまで寝てても文句は言われない!

わざと大きい足音を立てる人(姑)に起こされることもない!

あ~、快適!

こんな小さなことが幸せ。

ってか、こんなことにさえ幸せを感じるほど、私は窮屈だったんだな。

 

子供たちの生活

息子は、隣町から中学校まで通うので、電車で1駅でしたが毎朝電車通学でした。

定期券を持てることが、少し大人になったような気分で嬉しかったようです。

年度が変わり新学期になって着任された校長先生が単身赴任だったようで、時々駅で一緒になるようでした。

今日の夕飯は何にしようかなぁという校長先生に、料理好きな息子がメニューを提案したり、進路について話したりしたそうです。

校長先生と話すだけでも気後れしそうだけど、息子を気に掛けてくれた先生にも感謝、そして校長先生と話せるなんて貴重な時間だったなぁと思います。

 

娘は試験期間中に引っ越しをしてしまったので、勉強もしなければいけない中、大変な思いをさせてしまいました。

片付けは後回しでしかも荷物も多い。

大きい家から小さいアパートへ全部の荷物を持ってきたので、一番困ったのが収納でした。

かなりの物をアパートに来てから捨てたので、引っ越し前に選別すべきだったな、と反省です。

今までは欲しいものを、欲しい時に買っていたけど、これからは

「必要なものだけ」

買うことにしようと、生活を見直す良いきっかけになりました。

 

 

.。o○♪☆*゜¨゜゜・*:..。o○♪☆*゜

ここからは、特定の方に向けたお知らせです。

お問い合わせフォームからメッセージを下さる方、本当にいつもありがとうございます。

全て読ませて頂き、必ずお返事させて頂きます。

なのですが、9/20にメッセージ頂いた方に返信しようとしたのですが、色んな方法で何度か試みるも、宛先不明で届かない事象が発生しております。

全ての方にお返事しているので、返事が無いってことは私?と思ったアナタ!

そうです、アナタ様です!

とても嬉しく励まされたのですが、お礼をお伝えすることができず、ここで改めてお礼させて頂きます。

本当にありがとうございました。

これを見てくださるとうれしいなぁ・・・。

.。o○♪☆*゜¨゜゜・*:..。o○♪☆*゜ 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングの応援して頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


f:id:hirara185:20200923112044j:image