嫁姑・同居問題 良い嫁やめて自分の人生を取り戻すブログ

嫁姑・同居問題に悩み病んだ私が『良い嫁をやめる!』と別居を決断。姑の呪縛から逃れ、自分の人生をやり直します

MENU

最後の夜・・・

引っ越し準備

引っ越し日が決まってからは、少ない時間の中で荷造りをしていきました。

勿論、家を出ると決めたのは私なので、引っ越しに際しての色々な手続きや準備は私一人でやります。

引っ越しなんてしたことも無いので、全ての手続きが初めて。

しかも短期間でする手続きは必死過ぎて、何をどうしたのか?思い出せないほどです。

共用していたキッチン用品は、私が購入したものは持って行くことにしました。

ただ、普段使っているので、引っ越し当日まで片付けることができないものもあり、当日も荷物を運んでくれる引っ越し業者の横で、急いで片付けるものも多くありました。

 

友人たちに伝える

息子は隣町に引っ越すので、電車通学になります。

学校に報告をする際、どうしてもこの学校を卒業したかったので転校は考えず、転校しなくて済むように、子供たちの住民票は卒業まで移動させないことにしました。

そして、通学証明に掛かる書類の作成なども、学校からするとそうそう無いケースですが、スムーズに手続きしてくれ、また隣町から通うことも問題ないと確認できました。

 

そして子供たちが、友達に引っ越しを話すことを解禁した日。

とにかく驚かれたそうです。

そして、何故か友達の方がショックを受けていたと。

我が家は昔から祭りや行事があると、息子の友達たちが集まる、いわゆる溜まり場みないな家でした。

子供の友達もしょっちゅう泊まりに来たり、ご飯を食べていったり、それを姑も喜んでくれる人だったので、友人・知人からは、家族仲の良い家と言われていました。

なので、ハッキリとした理由を話さないまでも、子供も色々分かる年ごろです。

それを察した友達の方が泣いたりしたそうで、転校するわけじゃないのに、と息子の方が笑い飛ばしてきたくらいでした。

 

私も地元の親しい友人には報告しましたが、一切理由は言いませんでした。

姑の悪口も言いません。

残る夫や姑のこと、何かあったら助けてやって欲しいとお願いをし、どの友人も力になれることがあったら何でもするから、と多くを聞かずに気遣ってくれました。

きっと、噂はすぐに広まるだろうし、その親しい友人たちの方が色々聞かれると思います。

聞かれても円満別居で離婚しないし、子供も頻繁に遊びに来るから、ということだけ答えてくれればいいから、と話しました。

 

最後の晩餐

引っ越しの前日、最後にみんなで食べる夕飯。

その日はたまたま、3月3日のひな祭り。

今日が最後という日の姑は、努めて明るく、そして少し優しかったです。

毎年3月3日は、姑がちらし寿司を作ってくれ、ケーキでお祝いをしていました。

 

姑が作ってくれるちらし寿司は美味しくて、私はちらし寿司が好きではなかったけど、好きになりました。

そう言えば、ひじきも好きでは無かった私。

カキフライも好きでは無かった。

コロッケも好きでは無かった。

でも・・・、姑が作ってくれるご飯は美味しくて、全部好きになっていたな。

鮎の甘露煮、山椒、みょうが、山菜。

結婚してから姑に教えてもらった料理で好きになったもの、多かったな・・・。

 

なんか、今になって、感謝しちゃうじゃん、

チキショー・・・

 

 

その日は最後なので、とにかく普通にしようと思いました。

暗くならないように。

姑も今後のことを子供たちにも話したりしています。

今までみたいには色々やってあげられないけど、いつでも来ていいから、と。

だんだん、思い出話にもなってきて、姑も泣き出しました。

そして私も息子も。

夫は息子と抱き合って泣いていました・・・。

 

私は夫の涙を今まで見たことがありません。

子供を産んだ時にも、義妹の結婚式でも、祖父の葬儀でも。

きっと、姑が亡くなったら初めて泣く姿を見ることになるんだろうな、と思っていました。

なのにこの日、初めてみた夫の涙。

その光景を思い出すたび、今でも泣けてしまいます。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングの応援して頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


f:id:hirara185:20200915105711j:image