嫁姑・同居問題 良い嫁やめて自分の人生を取り戻すブログ

嫁姑・同居問題に悩み病んだ私が『良い嫁をやめる!』と別居を決断。姑の呪縛から逃れ、自分の人生をやり直します

MENU

賃貸物件選び 気を付けた方が良いこと②

引越しでリセット!

最近、また引っ越したい欲が出てきました。

とういうのも、引っ越しって大変なんですが、

リセットできる感

が以外にも快感だったんですよね。

 

今までは息子は部活三昧の生活で、息子の荷物の大半は部活に関わるものでした。

部活の荷物ありき、の部屋のレイアウトにしていたので、それがなくなると一新したくなりました。

息子の就職先から無事に内定がもらえ、今後車で通勤するので娘の通学の便利さだけを考えれば、ここに住む理由はないわけで・・・。

(あっ!息子は無事就職決定しました~!)

 

また、住んでみないことには分からない小さな不満がだんだん大きくなり、もっと良い物件に住みたい、と欲がでてきます。

小さな不満とは、キッチンで洗い物をしているとシンクに水がすぐに溜まって、水圧でゴミ取りカゴが浮いてくるんです。

排水口の作りの問題なんでしょうが、カゴに入ったゴミが浮いて、流されてしまう。

これが地味にストレスで。

自分で買い替えて違う材質のもをいくつか試したのですが、微妙なサイズ感がピタっと合わず、浮いてしまう問題に、毎度イライラしています。

こんなことは、実際に住んでみないと分からないことです。

 

あとは、キッチンがもう少し広い方がいいな、とか。

息子が交代勤務で夜勤もあると、生活リズムが私や娘と変わってくるので、

生活音に気を付けなければならないから、今の2LDKよりも広い3LDKにしたいなぁ、とか。

 

でも、広くなるということは、家賃も高くなるし家電も増やさなきゃいけないし、生活費も高くなる。

娘はまだバス・電車通学なので、利便性のある場所じゃないと定期代がバカにならない。

などで、なんだかんだ決め切れていません。

 

管理会社の管理の違い

前回、管理会社によっても対応が違うと書きました。

 

hirara185.com

最初のアパートの管理会社(Aとします)は、本当に管理が行き届いていました。

今住んでいるアパートは、別の管理会社(Bとします)ですが、様々な対応の違いがありました。

 

入居前に内見する時には、どこの物件もまだ清掃されていない状態であったり、畳の張替えが途中だったり、などがあります。

ですが入居を決めてからの清掃度合には、かなりの違いがありました。

実際引き渡しの時には、Aはとっても綺麗に掃除されており、自分でやらなくてもいいと思えるくらいの綺麗さでした。

一方Bは、本当に掃除したの?と思えるほどの汚さで、再度やり直してもらいました。

しかも、備え付けのエアコンも掃除済と言われましたが、どう見ても汚いので、自腹で業者を手配しクリーニングしてもらいました。

 

本当にこんなにも違うのか?と思うほどの差でした。

それは、清掃業者に偏りがあるのでしょうが、これでOKとするのか?は管理会社の判断です。

いい加減なのか?ちゃんとしているのか?こういった判断基準の差に表れると感じました。

 

家賃交渉

Aの管理会社は物件を決める時に家賃交渉にも応じてくれました。

一方Bは家賃交渉は絶対にしてくれない会社でした。

(実際には大家さんに管理会社が掛け合ってくれるか?くれないか?)

 

仲介業者の人も、「Aは交渉にも応じてくれるし柔軟に対応してくれるが、Bや他の管理会社は絶対に家賃は下げませんよ」と教えてくれました。

なので、仲介業者の方も自分の家を探す時は、Aにするし同業者の中でもAにする人がほとんどです、と裏話を教えてくれました。

今住んでいるBのアパートは、最初の半年は家賃半額というキャンペーンをやっていたのですが、長い目で見たら、家賃をいくらか下げてくれた方が有難いですよね。

 

あとは、敷金・礼金。

賃貸から別の賃貸物件へ引っ越しするとなると、家賃が重なる月があって結構な出費。

なので、敷金・礼金は色んな考えもありますが、私は特に礼金無しを探します。

もしくは、安くできないか?できるだけ無しにできないか?交渉します。

 

これらも、管理会社や仲介業者によっても違うので、しっかり見極めないと損します。

仲介手数料やら、クリーニング費用やら、なんちゃら費用やら色々掛かります。

とにかく、色んな細かなお金が必要になるので、仲介業者・管理会社によっての違いを把握した方が賢明です。

 

引越し費用の交渉

引越し費用って、バカにならないですよね。

私は今回の別居以来2回引っ越していますが、大人3人分の家具や荷物で4tトラック1台でもキツイくらいでした。

最安の引っ越しの業者に頼んでも、7万くらいでした。

大手だと、倍以上します。

この差は何なんだろうと思いますが、格安業者でもそんなに不満はありませんでした。

 

大きな家具がそれほどなく、自分たちで運ぶことも可能であれば、引越し業者ではなく時給で請け負ってくれる

便利屋さん

を使うのが、安くてオススメです!

3分の1くらいの金額で済みます。

 

そして、「引っ越し業者一括見積り」をネットで登録すると、一斉に業者からの電話がかかってくるので、かなりビックリしました。

ある程度業者を絞ってから、本命を最後に見積りに来てもらって、他業者との金額の違いなど、駆け引きが必要だと感じますし、

「今決めてくれるなら、この金額にします」

のセリフに惑わされないような心構えが必要かな、と思います。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングの応援して頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


f:id:hirara185:20201030130850j:image