嫁姑・同居問題 良い嫁やめて自分の人生を取り戻すブログ

嫁姑・同居問題に悩み病んだ私が『良い嫁をやめる!』と別居を決断。姑の呪縛から逃れ、自分の人生をやり直します

MENU

3度目の虚血性腸炎から「絶食」実況報告

3度目の虚血性腸炎

年末年始は暴飲暴食を控えなきゃ、と毎年思うものの

ご馳走を食べなきゃいけないような、食べないと損をするような

謎の使命感に駆られています。

この正月休みの間 息子は元の家にいて、娘と二人のある日 夕飯を作るのがめんどくさいので、お好み焼きと焼きそばをテイクアウトしました。

 

その日の夜、激しめの腹痛が。

痛いけど、出ない。

今度は吐き気がして、夕飯全部リバース。

お腹も痛くて冷や汗は出るし寒くて震える。

ストーブのそばにいてカイロを貼っても震えが止まらない。

だんだんと唇が真っ青、爪の色も真っ青に。

お腹の痛みがピークになる頃、この感覚はまさか・・・と思いました。

 

hirara185.com

 hirara185.com

 

あ~、この痛みは見覚えがあるなぁと思い、気付いた時には血便が・・・。

上から下から、出すもの出したらとりあえず、落ち着きました。

前は入院しましたが、このご時世では入院するのも不安があるし、

何とか自宅で自分で療養しようと思いました。

 

ただ、絶食しないといけないことは分かっているものの、水を飲んでもお腹が痛いので、ちゃんと病院で受診して点滴をしてもらおうと思いました。

要は通院治療ですね。

翌日の午前中は起き上がるのも辛かったので、夕方に病院に行き、

診断は案の定、「虚血性腸炎」でした。 

2~3日は絶食で、点滴通いです。

 

絶食の経過

白湯とOS-1(経口補水液)を飲むだけの日々ですが、今回は絶食をする自分をちゃんと観察してみようと思いました。

というのも、それには理由が2つあって、

一つは、ダイエットをするのに、良い機会だと思ったこと。

もう一つは、3カ月前くらいから、耳裏・首回りから胸にかけて、アトピーのような痒みとカサカサ感が出てきたのを治したい、と思ったのが理由です。

 

全くのアレルギーとは無関係だった私が、突然13年前に花粉症になりました。

その辛さはもう想像以上で、根治法を毎日毎日調べ、あらゆることを試しました。

その試した中で、有用だと思ったことが2つあります。

一つは、漢方薬治療です。

(これはまた別の機会に話します)

 

もう一つは「腸を休める」 でした。

花粉症発症の数年後に、軽いアトピーにもなり、痒みとカサカサで人の目が赤味を帯びた肌に行くのが嫌で、ショックでした。

対症療法ではなく、根本から治療をしたい。

毎年春に憂鬱な気持ちで過ごすくらいなら、すぐに効果が出なくてもいいから、とにかく治したい、と辿り着いたのが、

「朝食を抜いて、水を沢山飲む」

という、ごく当たり前のことでした。

 

他にも「甲田式健康法」や、「月曜断食」も有名ですね。

 

 

絶食で実感したこと

腸を休めることによって実感した効果を挙げてみます。

・ガス溜まりによる腹痛がなくなった

・ 肌の透明感が上がった

・免疫力低下によるカンジタの再発が一切なくなった

・アトピーの痒みと赤味が引いた(痒くなくなった)

・眠気を感じにくい

 

逆に、絶食で感じた不快感も挙げてみます。

・体温が低い

・身体が冷えている

とにかく身体を冷やさないことを気を付けました。

 

月末に大腸検査と胃カメラ検査をしますが、こんなきっかけが無かったら先延ばしにしていたなと思います。

以前にテレビで見たのですが、医者本人が受けたい検査でこの2つが入っていました。

受けたいというより、受ける必要があると言えるし、どんな診療科の医者もが揃って答えていた検査で、記憶に残っています。

 

新年早々、出鼻をくじかれた感じでしたが、あれもしたい・これもしたい、と思っていても、やはり健康でなくては何もできない。

そして、もう無理がきかない年齢でもあるのだから、もっと自分の身体を労わろうと思った正月でした。

 

私のこのブログを読んでくださる皆さんが、今年も健康で幸せな1年でありますように! 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングの応援して頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


f:id:hirara185:20210106134314j:image