嫁姑・同居問題 良い嫁やめて自分の人生を取り戻すブログ

嫁姑・同居問題に悩み病んだ私が『良い嫁をやめる!』と別居を決断。姑の呪縛から逃れ、自分の人生をやり直します

MENU

歩ける幸せから断捨離へ

歩けるって幸せ

松葉づえの生活は初めてでしたが、結構疲れるし使っていない筋肉を使ってしまうので、あっという間に上半身が筋肉痛です。

歩くこともままならないので、ずっと立っていることもできません。

座りながらの家事は大変で、週末には妹に来てもらって家事代行してもらいました。

また、薬で眠気がすごくて喉の渇きもハンパない。

痛いし眠いしで、ほぼほぼ寝たきり状態でした。

 

松葉づえ生活は2週間ほどで済みましたが、その後1年近く経った今でも長時間歩くのは痛みが出ます。

会社の慰安旅行は行けないかもなぁと残念に思っていたら、まさかの新型コロナ騒動で旅行は当分無しに。

自分の足で歩けるって、本当に尊いなぁと思いました。

 

晩酌はやめられない

ひとまず1ヶ月はもらった薬で症状改善を優先させる為、お酒を全く飲みませんでした。

毎日必ず晩酌していたので、妊娠・授乳期間中以来の断酒です。

お酒を飲まない生活なんて無理!って思っていましたが、身体のことを考えると意外にも辛くはありませんでした。

ですが、1ヶ月経ってから診察してもらった際に、先生にお酒はダメか聞いたら、

「飲んでいいよ~。ただ、薬はお酒で飲まないでね」

と言われました。

 

お酒で薬はさすがに飲まないけど、と思って笑ってしまったら、そういう患者さんが結構居るようです。

眠気の出ない薬に変えてもらい、晩酌もしながら現在も薬を飲み続けています。

 

断捨離欲が出てきた

夫には時々来てもらい、重い荷物になる買い物を頼みました。

最初に病院で検査してもらいに行った時、待合室で最悪のことも考えました。

その時に、保険関係の書類や保管場所などを夫にも知らせておかなければいけないな、と考えていました。

結果は大丈夫だったのですが、身体が自由に動くようになったら、やろうと考えたことがあります。

それは、

断捨離

です。

 

姑は田舎で交通の不便な場所に住んでいたこともあり、物をストックしておくことがくせで、

「もしもの時の為に」

の物が沢山ありました。

なので、買い置きが無いと不安になったり、物が捨てられない思考に私もなっていました。

ですが、自分が急にもしものことがあった時、片付けをするのは残された家族であり、私以外の誰もが、どこに何があるのか分かるようにする必要があるなぁと感じました。

 

それからというもの、色んな方のインテリアのブログや、片付けの本など見ています。

見ているのですが、奥が深すぎてはまり込んでしまいそうになっています!

おしゃれな家を見ると真似したくなるのですが、

あれ?そもそも家のサイズが違くね?

となったり。

整理整頓するアイテムの色が白で統一されてて素敵!と思っても、

詰め替えるの結構面倒じゃね?

となったり。

 

私の性格と生活に合わせたやり方を見つけていくのに、試行錯誤を重ねているところです。

皆さんのブログを参考に、これからも生活を整えることを勉強していきます。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングの応援して頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


f:id:hirara185:20201009114957j:image