嫁姑・同居問題 良い嫁やめて自分の人生を取り戻すブログ

嫁姑・同居問題に悩み病んだ私が『良い嫁をやめる!』と別居を決断。姑の呪縛から逃れ、自分の人生をやり直します

MENU

別居後の法事

別居後の法事

別居をしてから最初のお盆が近づくと、お参りをどうしようか?悩みました。

夫は仕事が休めず、男は息子しかいないので、何とか息子に来て欲しそうな姑の連絡が直接息子にあり、部活の予定が分からないながらも、何とか行こうとしていました。

息子に直接連絡してきたということは、私は来なくていいということ?と思いました。

 

私の中では、正直嫌な気持ちはあるけれど、こういった法事などの参加は割り切っていかなければいけないと覚悟していました。

ですが、私に連絡が無いということは、やはり

「出て行ったんだから、もう嫁の資格は無い」

という考えだろうと思いました。

 

結局、息子は部活の遠征が入ったので、子供たちは行くことができずに最初のお盆は終わりました。

 

親戚の葬儀

別居した翌年、私たち夫婦の結婚式で仲人をしてくれた親戚の叔父さんが亡くなりました。

夫の父親の姉の夫、要は姑からして義兄です。

姑は冠婚葬祭ではこの叔父さんを頼り、立てていました。

この方が亡くなった時は、私の実家の両親も葬儀に参加してもらわないといけない、ということを昔から言われていたので、実母にも連絡しました。

父親は海外出張中だったので、母親に来てもらわなければいけなかったのですが、別居をしてから私の親と姑が会うのも初めてのこと。

母親も一人では心細いので、妹と一緒に葬儀に参列してくれることになりました。

私は子供と一緒に参加し、きっと私のことを良く思ってはいない親戚たちと会うのはとても嫌でしたが、そこはちゃんとしようと思い、会っても挨拶をして黙っていようと思いました。

 

喪主である息子さん夫婦や、叔母さん(夫の父親の姉)にも挨拶をし、久々に会う叔母さんは私にも優しくしてくれていた人だったので、会った瞬間泣けてきたし、よく来てくれたと言ってくれました。

 

そして、夫の父親の妹さん夫婦を見かけたので、「ご無沙汰しています」と挨拶しました。

すると、聞こえなかったのか何も返事が無かったので、もう一度挨拶をしました。

結局、無視されました・・・。

あ~、やっぱりこんな扱いだよね、と思いましたが、更にショックなことがありました。

 

姑と母親との久々の対面

私の母親と妹が葬儀会場に着き、姑に母が来てくれたことを伝えました。

すると、姑は母親に近づき

「場所は分かりました?迷いませんでしたか?」

と話しかけました。

私の母親は「迷いませんでした」と返事をしながら姑に近づこうとしました。

その時、母親は姑に手を差し伸べて、久々に会った姑に「お元気でしたか?」と話しかけようとしていました。

別居をしたことをその場で話題に出すつもりは無かったにしろ、何かしら久々に会話をしようとした母親でした。

ですが、そこで姑は母親との会話もそれだけ、母親が差し伸べた手も無視し、

母親の後ろにいた別の人にすぐさま話しかけ始めたのです。

母親は姑のその態度を察して、それ以上話はしませんでした。

ただ、私はその光景を目の前で見て、私の母親をないがしろにするような態度をした姑に腹が立ちました。

 

帰宅後、母親に謝りましたし、母親は気にしてないよと言ってはくれましたが、私の気が収まらない。

私が親戚から無視されるのは、気持ちの良いことではないけど、しかたないと割り切れる。

でも、私の母親にまでそんな態度をする?と、どうしても許せませんでした。

ですが、この気持ちは私の中で消化するしかなく、夫にもずっと黙っていました。

 

その翌年、夫の祖父母の弔い上げの法事がったのですが。

 

続きます・・・

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングの応援して頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


f:id:hirara185:20201002120457j:image